うつ病や統合失調症等の精神疾患の障害年金請求代行なら、埼玉県上尾市の野口労務管理事務所にお任せください。

精神疾患(うつ病や統合失調症など)の障害年金請求専門の社会保険労務士

東京・埼玉 精神疾患障害年金ネット

東京都及び埼玉県、千葉県、神奈川県等の首都圏を中心に全国区で承ります。うつ病統合失調症、知的障害、発達障害等障害年金はプロである社会保険労務士にお気軽にお問い合わせください

全国対応 

お気軽にお問合せください

《無料相談実施中》

048-788-1788

相当因果関係について

相当因果関係とは

相当因果関係とは、「前の疾病または負傷がなかったならば後の疾病が起こらなかった」と考えられるものを指し、相当因果関係ある場合は前の疾病または負傷の初診日が請求傷病の初診日とされます。この法理は初診日の確定にも関ってきますので、確実に該当していないかチェックしておく必要があります。

*治療期間が空いていて就労もできていた場合は、社会的治癒が成立することもあります。その場合は再診の日が初診日として認定されます。

具体例

具体的には以下の傷病が例示されています。

「相当因果関係あり」として取り扱われるもの

①糖尿病と糖尿病性網膜症または糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症等は、相当因果関係ありとして取り扱う。

②糸球体腎炎(ネフローゼ含む)、多発性のう胞腎、腎盂腎炎に罹患し、その後慢性腎不全を生じたものは、両者の期間が長いものであっても、相当因果関係ありとして取り扱う。

③肝炎と肝硬変は、相当因果関係ありとして取り扱う。

④結核の化学療法による副作用として聴力障害を生じた場合は、相当因果関係ありとして取り扱う。

⑤手術等による輸血により肝炎を併発した場合は、相当因果関係ありとして取り扱う。

⑥ステロイドの投薬による副作用で大腿骨頭壊死が生じた場合は、相当因果関係ありとして取り扱う。

⑦事故または脳血管疾患による精神障害がある場合は、相当因果関係ありとして取り扱う。

⑧肺疾患に罹患し手術を行い、その後、呼吸不全を生じたものは、肺手術と呼吸不全発生までの期間が長いものであっても、相当因果関係ありとして取り扱う。

⑨転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることを確認できたものは、相当因果関係ありとして取り扱う。

 

「相当因果関係なし」とし取り扱われるもの

①高血圧と脳内出血または脳梗塞は、相当因果関係なしとして取り扱う。

②糖尿病と脳内出血または脳梗塞は、相当因果関係なしとして取り扱う。

③近視と黄斑部変性、網膜剥離又は視神経萎縮は、相当因果関係なしとして取り扱う。

 

その他のメニュー

簡単!受給判定実施中

簡易的な受給診断です。お気軽にご利用ください。

22個の質問に回答するだけで、あなたの受給の見込みを判定致します。

ごあいさつ

代表の野口です。

代表の野口です。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。対応エリア東京都(荒川区,板橋区,杉並区,世田谷区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,江戸川区,大田区,品川区,渋谷区,新宿区,)埼玉県(川口市,戸田市,鴻巣市,上尾市,桶川市,朝霞,所沢市,入間市,川越市,熊谷市,深谷市,行田市,春日部市,越谷市,三郷市,本庄市)茨城件、千葉県などの首都圏はもちろん、全国で対応しております。