うつ病や統合失調症等の精神疾患の障害年金請求代行なら、埼玉県上尾市の野口労務管理事務所にお任せください。

精神疾患(うつ病や統合失調症など)の障害年金請求専門の社会保険労務士

東京・埼玉 精神疾患障害年金ネット

東京都及び埼玉県、千葉県、神奈川県等の首都圏を中心に全国区で承ります。うつ病統合失調症、知的障害、発達障害等障害年金はプロである社会保険労務士にお気軽にお問い合わせください

全国対応 

お気軽にお問合せください

《無料相談実施中》

048-788-1788

社会的治癒について

社会的治癒とは?

症状が安定して特段の療養の必要がなく、長期的に自覚症状や他覚症状に異常がなく、普通に生活、就労ができているならば「社会的治癒」と判断されます。社会的治癒と判断されると、前の傷病と後の傷病は別個のものとして取り扱われます。

例をあげます。松田さん(仮名)は、フリーターの期間にうつ病を発症して一時期休んでいました。治療の結果、症状が改善しサラリーマンとして社会復帰しました。しかしその7年後にうつ病でまた休むことになってしまいました。

この場合、医師からすると今回と7年前のうつ病は同一であり因果関係があるので、診断書にも、前のうつ病が再発した判断するでしょう。

しかし、社会的治癒は医学的な治癒とは異なり、前の傷病と後の傷病が同じであることや再発であることは問題とはならず適用されます。ですので、障害年金請求上では二つのうつ病は別個のものとして取り扱われ、「後のうつ病」が初診日として取り扱われます。

 

*社会的治癒は請求者の不利益を被る可能性がある場合の援用として特別に考案された措置です。よって受給権を否定するためにこの法理が使われる事はありません。

精神疾患での社会的治癒

精神疾患における社会的治癒は「医学的には治癒していなくても、軽度と悪化のとの間に外見上治癒していると認められているような状態が一定期間継続した場合」とされています。

外見上治癒にみえても、症状を抑えるために薬を飲み続けている場合は、原則として社会的治癒は認められません。しかし通常使用量の下限または下限に近い水準で維持されており「生体の機能が正常に保持され、悪化の可能性が予測されない状態」にあった場合は、薬事下にあったとしても社会的治癒が認められることがあります。

 

その他のメニュー

簡単!受給判定実施中

簡易的な受給診断です。お気軽にご利用ください。

22個の質問に回答するだけで、あなたの受給の見込みを判定致します。

ごあいさつ

代表の野口です。

代表の野口です。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。対応エリア東京都(荒川区,板橋区,杉並区,世田谷区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,江戸川区,大田区,品川区,渋谷区,新宿区,)埼玉県(川口市,戸田市,鴻巣市,上尾市,桶川市,朝霞,所沢市,入間市,川越市,熊谷市,深谷市,行田市,春日部市,越谷市,三郷市,本庄市)茨城件、千葉県などの首都圏はもちろん、全国で対応しております。