うつ病や統合失調症等の精神疾患の障害年金請求代行なら、埼玉県上尾市の野口労務管理事務所にお任せください。

精神疾患(うつ病や統合失調症など)の障害年金請求専門の社会保険労務士

東京・埼玉 精神疾患障害年金ネット

東京都及び埼玉県、千葉県、神奈川県等の首都圏を中心に全国区で承ります。うつ病統合失調症、知的障害、発達障害等障害年金はプロである社会保険労務士にお気軽にお問い合わせください

全国対応 

お気軽にお問合せください

《無料相談実施中》

048-788-1788

障害状態確認届(更新)について

うつ病等の精神疾患の場合、無事に障害年金を受給したとしても、永遠にそれが支給されるわけではありません(有期年金)。

具体的には、障害年金の支給が決まった際に送られてくる年金証書の記載の期限ごとに障害状態確認届を提出をし、その結果によって今後の障害年金の継続の可否や等級の変更が決定します。この期限は病名や、本人の病歴、病状、年齢等の要素を元に1年〜5年の範囲で決められます。

また、障害状態確認届の提出指定日は本人の誕生日の末日(20歳前障害の場合は毎年7月末日)となっており、誕生月の初頭(20歳前障害の場合は毎年6月末頃)に日本年金機構から本人宛に障害状態確認届が送られてきます。

最初に提出した診断書との違い

障害状態確認届は別名「現況診断書」といわれるように、障害の状態を確認するための診断書です。障害状態確認届は裁定請求の時に出した最初の診断書とは下記の点が違います。

①傷病の発生年月日や初診日などの欄がない

②最近1年間の治療内容、期間、経過、その他参考になる事項欄がある。

③治療歴の括弧に「最近5年間の治療歴をご記入ください」という欄が設けられていること等

簡単!受給判定実施中

簡易的な受給診断です。お気軽にご利用ください。

22個の質問に回答するだけで、あなたの受給の見込みを判定致します。

ごあいさつ

代表の野口です。

代表の野口です。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。対応エリア東京都(荒川区,板橋区,杉並区,世田谷区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,江戸川区,大田区,品川区,渋谷区,新宿区,)埼玉県(川口市,戸田市,鴻巣市,上尾市,桶川市,朝霞,所沢市,入間市,川越市,熊谷市,深谷市,行田市,春日部市,越谷市,三郷市,本庄市)茨城件、千葉県などの首都圏はもちろん、全国で対応しております。