うつ病や統合失調症等の精神疾患の障害年金請求代行なら、埼玉県上尾市の野口労務管理事務所にお任せください。

精神疾患(うつ病や統合失調症など)の障害年金請求専門の社会保険労務士

東京・埼玉 精神疾患障害年金ネット

東京都及び埼玉県、千葉県、神奈川県等の首都圏を中心に全国区で承ります。うつ病統合失調症、知的障害、発達障害等障害年金はプロである社会保険労務士にお気軽にお問い合わせください

全国対応 

お気軽にお問合せください

《無料相談実施中》

048-788-1788

税務上の優遇措置

障害年金や遺族年金は非課税ですので、障害年金、遺族年金のみの収入の場合では確定申告はする必要はありません。ただ、老齢年金は課税所得になるので障害年金や遺族年金と選択受給する場合は注意が必要です(住民税、所得税、国民健康保険料を考慮)。

 また健康保険の世界は、税務上の措置とは異なり、収入として計算されます。よって家族の健康保険の扶養として加入していた場合に障害年金を含めた本人収入が180万円を超えると、扶養から外れることになります。

(特別)障害者控除

納税者や控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合に、所得控除を受けることができます。所得控除を受けると払う税金が減らすことができます。

障害者は収入が少ないことが多いです。そういった場合は扶養している家族の税金を年末調整や確定申告で減らすことかできます。

医療費控除

障害者に限らないのですが1年間において医療費の金額が一定額を超えると、確定申告をすることで所得税が還付されます。障害者と障害者家族が医療機関を使った際の領収書、通院のためのタクシー代が証拠として必要ですので、大切に保管しておくことをお勧めいたします。

小額貯蓄の非課税制度

各種障害年金受給者や手帳の交付者に、元本350万までの利子所得で課税される所得税と住民税を非課税にできる制度です。通常は利息に対して源泉徴収されますが、この制度を活用することにより、源泉徴収がされなくなります。

その他のメニュー

簡単!受給判定実施中

簡易的な受給診断です。お気軽にご利用ください。

22個の質問に回答するだけで、あなたの受給の見込みを判定致します。

ごあいさつ

代表の野口です。

代表の野口です。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。対応エリア東京都(荒川区,板橋区,杉並区,世田谷区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,江戸川区,大田区,品川区,渋谷区,新宿区,)埼玉県(川口市,戸田市,鴻巣市,上尾市,桶川市,朝霞,所沢市,入間市,川越市,熊谷市,深谷市,行田市,春日部市,越谷市,三郷市,本庄市)茨城件、千葉県などの首都圏はもちろん、全国で対応しております。