うつ病や統合失調症等の精神疾患の障害年金請求代行なら、埼玉県上尾市の野口労務管理事務所にお任せください。

精神疾患(うつ病や統合失調症など)の障害年金請求専門の社会保険労務士

東京・埼玉 精神疾患障害年金ネット

東京都及び埼玉県、千葉県、神奈川県等の首都圏を中心に全国区で承ります。うつ病統合失調症、知的障害、発達障害等障害年金はプロである社会保険労務士にお気軽にお問い合わせください

全国対応 

お気軽にお問合せください

《無料相談実施中》

048-788-1788

受給権を獲得した後について

国民年金の保険料が免除される

障害年金の1級、もしくは2級を獲得すると国民年金の保険料が免除されます(法定免除)。「免除」というと聞こえはいいですが、実際は、免除制度を利用すると将来もらうであろう老齢年金には半分の額しか反映されないのです。

例えば、65歳以上でうつ病で障害年金の受給中の方が、更新の時には、障害の程度が軽快し、障害年金を受給できる障害の状態に該当しなくなってしまったとします。その時に、障害年金の代わりとして、受け取る老齢年金は、免除を受けていた期間については半分の額で計算されてしまいますので、低年金になってしまう事態が発生してしまうのです。

このような制度に不満の声が続発した為、平成26年4月1日の法改正で希望があれば障害者であっても保険料を納付することができるようになりました。

現況届等の提出について

現況届は本人死亡による不正受給防止のための本人確認のようなものです。ハガキサイズの用紙が毎年誕生日の初頭に送られてきます。これを提出しなければ、年金の支給が一時停止されるので注意しましょう。

障害状態確認届

受給権を獲得すると永遠にそれが認められるわけではなく一定期間ごとに認定の更新をしなければなりません。この期間は認定医が障害の状態の変動される可能性を考慮され決定されます。次回の更新がいつかは年金証書の「次回診断書提出年月」を確認してください。この診断書を「障害状態確認届」といいます。障害状態確認届を提出後、特に等級変更がなければ「次回診断書提出年月日のお知らせ」が届き、等級変更があれば「支給額変更通知書」が届きます。

額改定請求

額改定請求とは障害状態確認届とは異なり、障害の程度が増進した時に自ら申告して審査してもらうものです。ただし、この改定請求は従前の支給決定があってから1年を経過後しか原則として行うことができません。

簡単!受給判定実施中

簡易的な受給診断です。お気軽にご利用ください。

22個の質問に回答するだけで、あなたの受給の見込みを判定致します。

ごあいさつ

代表の野口です。

代表の野口です。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。対応エリア東京都(荒川区,板橋区,杉並区,世田谷区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,江戸川区,大田区,品川区,渋谷区,新宿区,)埼玉県(川口市,戸田市,鴻巣市,上尾市,桶川市,朝霞,所沢市,入間市,川越市,熊谷市,深谷市,行田市,春日部市,越谷市,三郷市,本庄市)茨城件、千葉県などの首都圏はもちろん、全国で対応しております。