うつ病や統合失調症等の精神疾患の障害年金請求代行なら、埼玉県上尾市の野口労務管理事務所にお任せください。

精神疾患(うつ病や統合失調症など)の障害年金請求専門の社会保険労務士

東京・埼玉 精神疾患障害年金ネット

東京都及び埼玉県、千葉県、神奈川県等の首都圏を中心に全国区で承ります。うつ病統合失調症、知的障害、発達障害等障害年金はプロである社会保険労務士にお気軽にお問い合わせください

全国対応 

お気軽にお問合せください

《無料相談実施中》

048-788-1788

不服申立てについて

裁定請求の結果が、不支給であったり、等級に不服がある場合などは、不支給決定通知書が届いてから60日以内であれば「不服申立て」の申請が可能です。

不服申し立ては2審制をとっており、1審目が社会保険審査官による審査請求、2審目が社会保険審査会による再審査請求となっております。

審査請求・再審査請求

(再)審査請求は文書(審査請求書によって記載)または口頭で不服の理由などを申し立てればよいことになっており、費用はかかりません。

(再審査請求は「処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内にしなければならない」とされています。

*知った日とは送付された日と同義と考えてください。

*「口頭」とは審査官や審査会、年金事務所で必要事項を話した上で聴取書を作成した上で年月日を記載し、陳述者とともに署名押印をすることです。原則として電話での「不服申立て」は認められないと考えてください。

(再審査請求の期限は60日以内とされていますが、「正当な事由によりこの期間内に(再審査請求をすることができなかったことを疎明したときは、この限りでない。」とされています。

この正当な理由とは、天才事変等により交通通信機関の機能が停止するなど、請求人にとってうどうしようもすることのできない客観的な理由をいいます。

過去の裁決では医療機関への入院でも認められていないことから、この正当な理由の判断の基準はとても厳しいと思われます。

不服申し立ては障害年金に精通した社会保険労務士の力が不可欠

何も知らないこの制度を知らない人が審査請求をしても大変厳しい制度かと思います。平成24年度の容認率をみると、原処分変更により取下件数を含めてもわずか7.6%です。

このような結果を招いてしまう理由としては、審査請求自体の難しさがあります。

審査請求は法令解釈、認定基準、裁決例を学び、医学的検討を行い、その上で感情、論理を合わせた繊密な理由書を書く必要があります。

ただでさえ、病気で苦しまれているかたがこの膨大な作業を一人で行えるでしょうか。

甚だ疑問です。

 

やはり、専門の社会保険労務士に任せるべきかと思います。

その他のメニュー

簡単!受給判定実施中

簡易的な受給診断です。お気軽にご利用ください。

22個の質問に回答するだけで、あなたの受給の見込みを判定致します。

ごあいさつ

代表の野口です。

代表の野口です。

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。対応エリア東京都(荒川区,板橋区,杉並区,世田谷区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,江戸川区,大田区,品川区,渋谷区,新宿区,)埼玉県(川口市,戸田市,鴻巣市,上尾市,桶川市,朝霞,所沢市,入間市,川越市,熊谷市,深谷市,行田市,春日部市,越谷市,三郷市,本庄市)茨城件、千葉県などの首都圏はもちろん、全国で対応しております。